発達障害 原因 関わり方 改善方法 治療法

発達障害とは何?どんな種類があるの?

発達障害とは人間が生まれてからの発達の過程において発達の過程が何らかの問題を起こし認知、言語などさまざまな機能に障害がある状態を発達障害と言います。

 

発達障害と言われるものには主にいくつかの種類があり下記のような種類があります。

  • 知的障害
  • 広汎性発達障害(一般的には自閉症)
  • 運動障害
  • 学習障害
  • コミュニケーション障害
  • チック障害
  • 高機能広汎性発達障害(一般的にはアスペルガー症候群、高機能自閉症)
  • 注意欠陥多動性障害(一般的にはADHD)
  • 破壊的行動障害

などが主な種類です。

 

 

また発達障害者支援法においては次のように定義されています。

 

「発達障害は自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害、その他これに類する脳機能障害であってその症状が通常低年齢において発現するもの」
(発達障害者支援法における定義 第二条)

 

 

障害の種類の特定は大変困難な事とされており、それぞれの障害の特徴が重なり合っている場合もあります。

 

また、年齢や環境によって発現する症状に違いがあり、一概にどの障害という特定が難しくなっています。

 

したがって、診断された時期によって障害名が違ったりする事は多々あります。

 

 

全ての障害において、知的、あるいは身体的な遅延を伴う事があります。

 

発達障害は目に見える場合と目に見えない場合があり、それが人個人としての特徴でもありますので、障害ではありますがその人個人の長所でもあります。

 

向き合い方が非常に難しいのも事実です。

発達障害は治るの?具体的な治療法は?

発達障害は大半が先天的なもので、生涯付き合わなければならず、治らないとされているのが一般的な見解ですね。

 

ただし、治療の仕方によって症状が改善する事は認められています。

 

改善のためには早期発見早期治療が肝心となります。

 

 

早期に発見した場合の治療方法としては主に薬物療法、行動療法、心理療法を併せて行う事で症状の改善を試みます。

 

薬物療法では効果に個人差があり、改善する場合としないで、逆に悪化する場合もあります。

 

薬物療法によって、症状が緩和されたり、ストレスの軽減がなされたりする事があります。

 

医師の指示の下に適切に薬物を使用する事によって行われます。

 

 

次に行動療法では間違った問題行動を減らしたり、コミュニケーションの取り方を訓練する事によって改善する方法があります。

 

医師や臨床心理士などによって指導を行うのが一般的とされていますね。

 

 

最後に心理療法ですが、定期的に医師や臨床心理士と面談し対話を通じて、問題になる行動や生活の妨げになる事を話し合い、理解を深めていく方法です。

 

通常、行動療法と心理療法は併せた形で行うのが一般的とされています。

 

 

発達障害にはさまざまな種類がありますが、医学的に完治する事はないとする一方、こういった治療方法で早期発見早期治療を継続して行う事によって、症状が軽減される場合があるという事ですね。

 

一生付き合わなければなりませんが、良くならないという理由もまたありませんので、先天的な障害だからと決め付けるのはやや早急な気がしますね。

 

 

☆おすすめブログ☆
発達障害(知的障害)児を育てる主夫のストレスフリーな育児日記

発達障害の総合情報

<スポンサードリンク>