発達障害 原因 子供

子供の発達障害の原因 医学的に解明されている原因はごく一部

発達障害の原因は脳の機能に障害がある事ですがなぜ、脳の機能に障害が起こるのかは原因は不明な事が多いですね。

 

 

さまざまな要因が考えられていますが、遺伝であったり、環境ホルモンによるものではないかとか、食生活、運動などさまざまな要因が挙げられています。

 

医学的に解明されている原因はほんの一部で、遺伝子異常、染色体異常、出産時の異常、感染、出生後の病気などが関係しているのではないかという事しか分かっていません。

 

今では先天的な要素が大きい事から避ける事ができないと考えるのが一般的です。

 

 

ただし、子供の発育に関しては、胎児の時の状況によってリスクが高まる事が考えられています。

 

妊娠中の喫煙によって脳に障害を引き起こす可能性がある事や、飲酒も妊娠中、授乳段階では発達障害を生む可能性がある事、また、妊娠中に何らかの病気にかかる事などで胎児の脳の機能の発育に問題が生じ、後に発達障害として症状が現れる場合があるといわれています。

 

喫煙などは実に、非喫煙者に対して、発達障害を抱えた子供が生まれるリスクは2倍となっている報告もあります。

 

 

こういった事から、発達障害を抱えて生まれてくる事の原因は定かではないものの、発達障害を抱えて生まれてくる事のリスクを下げる事は可能なようですね。

 

リスクがある事は妊娠中は極力避けて、元気に出産する事が、発達障害発症のリスクの軽減に繋がりますので、妊娠中はリスクを考え、控えるべき事は控えた方がよさそうですね。

発達障害の総合情報

<スポンサードリンク>

子供の発達障害の原因 医学的に解明されている原因はごく一部関連ページ

大人の発達障害の原因
大人の発達障害の原因について解説します。 個性として扱う場合が多いのが特徴です。