発達障害 原因 大人

大人の発達障害の原因 個性として扱う場合が多いのが特徴

後天的に発達障害が発症するとする考え方よりも、幼少期の発達過程で気がつかなかった発達障害の特徴が、大人になり、社会に出た事を機会として症状に気付く場合が多いようです。

 

大人の発達障害ともいわれますが、幼少期にはそれを指摘するのは難しく、個性として扱う場合が多いので、発見が遅れて大人になってから分かる事も多々あります。

 

 

発達障害に気付くタイミングですが、1番多いのは社会人として就職し、独立した時に気付くパターンが多いとされています。

 

それまでの学生時代などは、周囲の支援があり、気付く事ができなかった場合でも就職して、独立すると気付く場合があります。

 

環境の変化によるものとは考えにくく、症状としては一般的に言う「空気が読めない」や「同じ事を何度言っても定着しない」などがあります。

 

社会に出て、会社組織に馴染めず、先輩や同僚、上司から、指摘されて、もしかしたら発達障害なのではないかと気付く事が多いようです。

 

 

また、社会人となってからも気付く事がなく、いざ、結婚してから気付くという場合も多くなっています。

 

結婚し、子供が生まれ、子育ての最中に発達障害ではないかと気付く事があります。

 

これは、周囲からの情報などで子供が発達障害ではないかと気付いた時に、我に返って自分もこれまで同じような経験や体験をしてきた事に気付き、自分自身が発達障害ではないかと思い、気付く事があります。

 

 

いずれにしても、症状に気付くタイミングが違うだけであって、大人になってから発達障害になるのではなく、先天的に幼少時から発達障害の兆候はあると考えるのが一般的になっています。

 

また、最近では大人になってから、発達障害ではないかと精神科や神経科を受診する20代から30代の方が多くなっているのも事実のようです。

発達障害の総合情報

<スポンサードリンク>

大人の発達障害の原因 個性として扱う場合が多いのが特徴関連ページ

子供の発達障害の原因
子供の発達障害の原因について解説します。医学的に解明されている原因はごく一部です。