子供 幼児 発達障害 治療 改善

子供や、幼児の発達障害の治療は「早期」がかぎです

子供や、幼児の発達障害の治療に関しては、早期発見、早期治療での改善率が大人の発達障害と比べて高くなっているといわれています。

 

焦らず、長い目で治療する事が鍵になりますね。

 

 

子供の場合の治療方法も、行動療法、心理療法、薬物療法が主となります。

 

また、独特な思考回路をしているため、学習に関してはあらかじめサポートが必要な場合があります。

 

一般的には、家庭教師や少人数の塾に入れる事が必要とされていますね。

 

 

心理療法の中には認知療法、精神分析、対人関係療法などを取り入れる事が多くなっています。

 

認知療法では思考のゆがみに着目し、ゆがみゆえに、生活上で起こってる問題などに対処する方法を身につける治療を行います。
また精神分析では問題となっている行動などのパターンが繰り返し起こる事について、会話の中から分析を行います。

 

対人関係療法ではコミュニケーション能力の向上を目指す治療方法です。

 

 

言語の訓練やコミュニケーションの訓練を通して、子供や幼児のうちから問題となる行動や不適応な状態を少しでも改善し、大人になってから困らないようにする事が治療の第一目的となります。

 

 

また、発達障害の子供ではてんかんの症状が出やすい場合があり、発作の症状は個人差がありますが、薬物療法で対応する場合がありますが、基本的に医師の指導の下行われます。

 

学童時には攻撃性、多動性、執着、常同行動、強迫行為などが起こる場合がありますが、医師と相談の上で薬物療法を行います。

 

 

なお、薬物療法は医師だけが行う事が可能な治療となっています。

発達障害の総合情報

<スポンサードリンク>

子供や、幼児の発達障害の治療は「早期」がかぎです関連ページ

どのような治療方法で改善する?
発達障害はどのような治療方法で改善されるのかについて解説します。
大人の発達障害の治療
大人の発達障害の治療について解説します。大人の場合は本人の気持ちが最重要となります。
海外の治療先進国の場合
発達障害の治療 アメリカなど海外の治療先進国の場合について解説します。