発達障害 治療 改善 アメリカ 海外

発達障害の治療 アメリカなど海外の治療先進国の場合

アメリカでは発達障害の治療や、教育が進んでいると言われています。

 

発達障害が発症する確率というのは大きくは変わっていない事から、世間一般にアメリカでは発達障害が認知されている事と診断、治療の技術革新が進んでいるために全体で見ると増加の傾向にあるとされていますね。

 

 

では、アメリカではどのような治療、教育の体制となっているのでしょうか。

 

リタリンという薬の処方が広く一般的だった事は有名ではあります。

 

主に、ADHDの子供に対して集中力が高まるようにとの方針でリタリンが処方される事が多いようです。

 

 

薬物による治療は広まってきているものの、薬物治療における効果の見極めなど、カウンセラーとの連携が希薄であったりまた、二次障害である、各症状に対し…不眠症や鬱状態などのメンタルヘルスケアとの連携が上手くいっていないなどの指摘もあります。

 

実に8割がリタリンの処方を受けているとの報告などもあり、薬物の処方は高率になっていますね。

 

 

発達障害と診断された場合に調査の期間中になにもサポートを受けていないなどの現状がありアメリカなどでも治療はもっぱら、薬物治療となっていて、薬の処方はされるものの、専門機関との連携にはまだ問題が多いようです。

 

その一方、民間では多くの人々に発達障害は認知されており、障害者差別という観点から見れば、日本よりもずいぶんと周囲のサポート体制は整っている、また、学校なども多岐に渡り発達障害児のための選択肢も増えているように伺えますね。

発達障害の総合情報

<スポンサードリンク>

発達障害の治療 アメリカなど海外の治療先進国の場合関連ページ

どのような治療方法で改善する?
発達障害はどのような治療方法で改善されるのかについて解説します。
大人の発達障害の治療
大人の発達障害の治療について解説します。大人の場合は本人の気持ちが最重要となります。
子供や、幼児の発達障害の治療
子供や、幼児の発達障害の治療・改善方法について解説します