発達障害 大人 原因 関わり方 改善方法 治療法

発達障害 大人の場合の特徴はどんなものがある?

大人の発達障害の特徴としては場面ごとに異なったり、症状ごとに異なったりします。

 

多動性が原因で起こりやすい事の特徴として落ち着きがなくそわそわする事があります。

 

また、貧乏ゆすりなども多動性の特徴です。

 

また別の事に気をとられやすく、やっている事を忘れて放置する事もあります。

 

人間関係においてはおしゃべりが止まらなくなったり自分の事ばかりしゃべってしまうなどの特徴があります。

 

 

衝動性が原因で起こる事には不用意な発言をしたり重要な事を独断で決めてしまったりします。

 

衝動買いもその一種です。

 

言いたい事を我慢してイライラしたりもしますね。

 

その他、人を傷つける事を安易に話してしまったりする事があります。

 

 

不注意が原因で起こる事には集中力がなく、大切なものを忘れたりなくしたりします。

 

またケアレスミスが多かったりします。

 

部屋が片付けられないとか、出掛けるときの準備が間に合わない、金銭の管理が苦手だったりする事もありますね。

 

集中力がないので、人の話に聞き入れなかったり、約束の時間に間に合わない、または約束自体を忘れてしまうなどの症状がありますが、これらは悪意がある訳ではありませんし、何より本人自身がずっと小さな頃から悩まされている事です。

 

 

本人はそれなりに工夫や対策を取っている事が多いのですが、中々改善する事は難しいようです。

 

そのために自責する事も多くなっています。

 

周囲の環境によっても大きく変わりますが、理解を中々得られないなどの特徴があります。

発達障害の総合情報

<スポンサードリンク>

発達障害 大人の場合の特徴はどんなものがある?関連ページ

発達障害の大人の方との付き合い方
発達障害の大人の方との上手な付き合い方について解説します。
発達障害の子供との上手な接し方
発達障害の子供との上手な接し方について解説します。