発達障害 大人 関わり方 付き合い方

発達障害の大人の方との上手な付き合い方

大人の発達障害の方々への付き合い方は非常に困難を極めます

 

家族でも中々付き合い方、接し方は難しく、理解する事が困難とされていますね。

 

サポートする事自体は大切ですがサポートの仕方も難しいものがあります。

 

特に職場などでの付き合い方、接し方は難しいものがあります。

 

症状の特性への理解が重要となりますが現実的には難しいです。

 

 

発達障害の難しいところは本人は精一杯、毎日努力しているという事実です。

 

決して怠けている訳でも悪意がある訳でもありませんので、対応が難しくなるのですね。

 

 

周囲が誤解しやすい事に支援をすれば問題がなくなるのかという誤解がありますが、問題がなくなる訳ではありませんので、少しでも問題が少なくなるように支援しなくてはなりませんね。

 

また、一定期間、支援をしたからといってその後、問題が起こらなくなる訳ではありません。

 

本人が得意とする、比較的論理的な事を行わせると成果を出す傾向などが言われていますが、その他の問題が解決する訳ではありませんので気長に行う事が重要になりますね。

 

 

発達障害は本人も自覚はあります、診断を受けた場合によりますが、決して怠けているとか努力不足な訳ではありません。

 

日々、注意し、努力しているにも関わらず同じ問題を起こしてしまう事は発達障害の特性ですので、周囲の方々はその辺りを誤解せずにサポートしたり接したり、悪気がある訳ではないという事実を知る事が大切ですね。

 

 

また、本人は努力しても報われないと感じる事が多く、やる気をなくしてしまう場合もありますので周囲が努力を認めてあげる事も大切ですね。

発達障害の総合情報

<スポンサードリンク>

発達障害の大人の方との上手な付き合い方関連ページ

大人の場合の特徴・・・
発達障害 大人の場合の特徴はどんなものがあるか解説します。
発達障害の子供との上手な接し方
発達障害の子供との上手な接し方について解説します。