発達障害 子供 関わり方 接し方

発達障害の子供との上手な接し方

発達障害の子供とは、しつけや育て方によって症状が変わるものではありません。

 

ただし、接し方によっては症状が改善する事もあります。

 

 

集中力が比較的ないので、集中力を必要とする時は、部屋や周囲に刺激となるものは極力避けて部屋の隅などを利用して集中させます。

 

子供は言葉による支持は理解が難しい事がありますので、具体的に例を示して、指示するとできる事があります。

 

視覚から入る情報は有効となっていますね。

 

 

また、上手にほめる事も重要ですが、できるだけできたその場ですぐにほめる事が大切です。

 

問題行動が起こった場合にすぐに叱っても刺激するだけで問題行動がなくなる訳ではありません。

 

問題行動はしばらく静観して、見守る事も大切ですね。

 

興奮状態にある場合は、まずは落ち着かせる事が大切です。

 

落ち着いた事をほめてあげましょう!

 

注意をする場合は声を荒げず、静かに子供の近くに寄って、穏やかな口調で話します。

 

 

何かを指示する場合にはできるだけ具体的に、一度にひとつだけに留めます。

 

子供は指示の内容は理解できてもどうしたらよいかをすぐに考える事は難しいとされています。

 

したがってできるだけ具体的にステップを踏んでひとつひとつ行わせる事が大切です。

 

 

また、何事も行わせる事は大切ですが、トラウマになりやすいため無理強いしたり恐怖心を煽るようなやり方は厳禁とされていますね。

 

他人の気持ちを理解する事も困難とされていますので自分の気持ちは口頭でしっかりと説明してあげる事も重要となります。

発達障害の総合情報

<スポンサードリンク>

発達障害の子供との上手な接し方関連ページ

大人の場合の特徴・・・
発達障害 大人の場合の特徴はどんなものがあるか解説します。
発達障害の大人の方との付き合い方
発達障害の大人の方との上手な付き合い方について解説します。