発達障害 種類

発達障害の種類について解説します記事一覧

特定不能の広汎性発達障害(非定型自閉症)とは?

発達障害の中には特定不能の広汎性発達障害と呼ばれるものがあります。PDD-NOSと呼ばれています。非定型自閉症と同義語とされています。特定不能の広汎性発達障害という診断は、アスペルガー症候群でもなく自閉症でもないという診断のときに特定不能の広汎性発達障害という診断名がつきます。アスペルガー症候群や自...

≫続きを読む

高機能広汎性発達障害とは知的な障害を含まないもの

高機能広汎性発達障害とは広汎性発達障害の中でも知的な障害を含まないものをこう呼びます。HF-PDDという言われ方もします。一般的には自閉症の軽症なものでアスペルガー症候群と高機能自閉症の一部を含むような場合に高機能広汎性発達障害と診断しています。幼少期は自閉症やその傾向のある子供と同じような発達段階...

≫続きを読む

軽度発達障害とは読み書きや推測など特定の事が苦手

軽度発達障害とは特徴として人との距離感が取りにくい、感情の浮き沈みが激しい、相手の気持ちが理解できない、すぐ忘れてしまう、計画性に乏しい、環境に馴染めないなどの特徴があります。軽度の発達障害の範囲としては、学習障害、注意欠陥多動性障害、高機能広汎性発達障害(高機能自閉症、アスペルガー症候群)、発達性...

≫続きを読む

言語発達障害とは一般的に言葉の発育だけが遅れている状態

言語発達障害とは発達の遅れが言葉にだけ出ている状態でコミュニケーションを取ろうとする能力や人間関係の構築については意志があるが言語が年相応ではないなどの育ちの特徴があります。一般的には言葉の発育だけが遅れている状態を指して言語発達障害と呼んでいますね。言葉によるコミュニケーションに障害がある状態を指...

≫続きを読む

広汎性発達障害とは生まれつきの脳障害

広汎性発達障害とは脳の機能の生まれつきの障害の事を一般的には指しています。主には社会性のスキルの問題、コミュニケーション能力の問題、イマジネーション(想像力)の問題などが発達面で見受けられる場合を広汎性発達障害と呼んでいます。よく見られる症状については個人差が激しいもので人によって異なりますが、目を...

≫続きを読む

アスペルガー症候群とは自閉症に含まれる障害

アスペルガー症候群とは、広義には自閉症に含まれる障害の事を指します。言語や知的な遅れや障害はなく、特に対人関係コミュニケーションに障害あるいは問題を先天的に抱えている場合を指しています。幼少期には発見する事が中々難しく、成人になって社会人となってから診断される場合もあり、診断が難しい障害のひとつです...

≫続きを読む

発達障害の総合情報

<スポンサードリンク>