発達障害 種類 特定不能の広汎性発達障害とは

特定不能の広汎性発達障害(非定型自閉症)とは?

発達障害の中には特定不能の広汎性発達障害と呼ばれるものがあります。

 

PDD-NOSと呼ばれています。非定型自閉症と同義語とされています。

 

特定不能の広汎性発達障害という診断は、アスペルガー症候群でもなく自閉症でもないという診断のときに特定不能の広汎性発達障害という診断名がつきます。

 

アスペルガー症候群や自閉症の診断基準から外れている場合などに適応するとされていますね。

 

特定不能といわれるだけの事はあり、専門医でも診断が難しく、また有効な治療を受けられないなどの問題があります。

 

 

また、その特定不能の広汎性発達障害に分類されるには主に3種類の分類から外れるものを特定不能としています。

 

特定の広汎性発達障害ではない場合にこの特定不能の広汎性発達障害と病名がつくのですが自閉症と関係が深く、自閉症の発症年齢が合わない場合、また自閉症の発症年齢とマッチしても症状が非常に軽度である場合、また、症状や発症年齢が条件を満たさない場合の3種類に分類され、特定不能の広汎性発達障害と診断される事が多いです。

 

更に、自閉症ではなくてもアスペルガー症候群の症状が非常に軽度なものの場合にも、特定不能の広汎性発達障害という診断をくだす場合があります。

 

社会性が乏しかったり、コミュニケーション能力が極めて低い状態であったり想像力の欠如などは自閉症やアスペルガー症候群の診断がくだされる判断材料となっていますが、それらの条件を満たさないまでも何かしら問題を抱えている状態のときに特定不能の広汎性発達障害と診断されます。

発達障害の総合情報

<スポンサードリンク>

特定不能の広汎性発達障害(非定型自閉症)とは?関連ページ

高機能広汎性発達障害とは
発達障害の中でも、高機能広汎性発達障害について解説します。
軽度発達障害とは
発達障害の中でも、軽度発達障害についての情報を掲載しています。
言語発達障害とは
発達障害のなかでも、言語発達障害とは一般的に言葉の発育だけが遅れている状態をさします。
広汎性発達障害とは
発達障害のなかでも広汎性発達障害について解説します。一般的に、生まれつきの脳障害とされています。
アスペルガー症候群とは
発達障害のなかでもアスペルガー症候群について解説します。広い意味では自閉症に含まれる障害のことをさします。