発達障害 種類 軽度発達障害とは

軽度発達障害とは読み書きや推測など特定の事が苦手

軽度発達障害とは特徴として人との距離感が取りにくい、感情の浮き沈みが激しい、相手の気持ちが理解できない、すぐ忘れてしまう、計画性に乏しい、環境に馴染めないなどの特徴があります。

 

軽度の発達障害の範囲としては、学習障害、注意欠陥多動性障害、高機能広汎性発達障害(高機能自閉症、アスペルガー症候群)、発達性協調運動障害、軽度の知的障害が含まれるとされています。

 

主には学習障害、注意欠陥多動性障害、高機能広汎性発達障害を言う場合が多いですね。

 

 

知的な遅れはないものの、読み書きや推測など特定の事が苦手な場合があったりします。

 

また集団行動が苦手で逸脱する傾向が強く対人関係は比較的一方通行で対人コミュニケーションを苦手としています。

 

したがって、社会性に乏しく、自分本位な行動をするとしばしば誤解される事があります。

 

 

人は、誰でも能力にばらつきがある事はよく知られている事実ですが、そのばらつきが大きな人で社会性に乏しく、コミュニケーションなどが苦手である人の中に特定の特徴が見られる場合に軽度発達障害という事があります。

 

軽度発達障害は障害としての認定も診断も難しい事もあります。

 

また、発見された場合は幼少期から何かしらの支援を受けて学校教育を受けるなど、問題行動、不適応行動などの改善を行っています。

 

社会人になってからも本人は悩む事が多くあります。

 

周囲の理解だけでは問題が解決しない事も多くあります。

 

分かっていてもできないというのは典型的なパターンです。

 

周囲からは自分本位でわがままと捉えられる傾向もあります。

発達障害の総合情報

<スポンサードリンク>

軽度発達障害とは読み書きや推測など特定の事が苦手関連ページ

特定不能の広汎性発達障害とは
特定不能の広汎性発達障害(非定型自閉症)について解説します。
高機能広汎性発達障害とは
発達障害の中でも、高機能広汎性発達障害について解説します。
言語発達障害とは
発達障害のなかでも、言語発達障害とは一般的に言葉の発育だけが遅れている状態をさします。
広汎性発達障害とは
発達障害のなかでも広汎性発達障害について解説します。一般的に、生まれつきの脳障害とされています。
アスペルガー症候群とは
発達障害のなかでもアスペルガー症候群について解説します。広い意味では自閉症に含まれる障害のことをさします。