発達障害 種類 言語発達障害とは

言語発達障害とは一般的に言葉の発育だけが遅れている状態

言語発達障害とは発達の遅れが言葉にだけ出ている状態でコミュニケーションを取ろうとする能力や人間関係の構築については意志があるが言語が年相応ではないなどの育ちの特徴があります。

 

一般的には言葉の発育だけが遅れている状態を指して言語発達障害と呼んでいますね。

 

 

言葉によるコミュニケーションに障害がある状態を指します。年相応ではないという言語の発達状況で判断しています。

 

言語発達障害には運動型と感覚型の2種類があり、運動型は言われている事は理解できるが話ができない、またはボキャブラリーが少ない状態を指して運動型と呼んでいます。

 

感覚型は言葉の理解ができていない状態でしたがって言葉が出てこずに話せない状態であるものを指して感覚型と呼んでいます。

 

 

運動型は表出性言語障害といわれていて、感覚型は受容性言語障害といわれています。

 

年齢を重ねる事によって徐々に言葉数が増えてくる、一般的に「言葉の遅立ち」といわれている場合もありますが学生になってからだと学習障害に該当する場合もあります。

 

言語発達障害の原因には脳や中枢神経系の障害から発症するのではないかといわれていますが中には知的障害や聴覚障害に起因するもの、環境に依存する後天的なものなどといわれており未だにはっきりした原因は分かっていません。

 

知的発達に依存している場合や自閉的傾向を伴う場合などの言語発達の遅延があります。

 

いずれにせよ、訓練などが必要な場合があります。

発達障害の総合情報

<スポンサードリンク>

言語発達障害とは一般的に言葉の発育だけが遅れている状態関連ページ

特定不能の広汎性発達障害とは
特定不能の広汎性発達障害(非定型自閉症)について解説します。
高機能広汎性発達障害とは
発達障害の中でも、高機能広汎性発達障害について解説します。
軽度発達障害とは
発達障害の中でも、軽度発達障害についての情報を掲載しています。
広汎性発達障害とは
発達障害のなかでも広汎性発達障害について解説します。一般的に、生まれつきの脳障害とされています。
アスペルガー症候群とは
発達障害のなかでもアスペルガー症候群について解説します。広い意味では自閉症に含まれる障害のことをさします。