発達障害 種類 アスペルガー症候群とは

アスペルガー症候群とは自閉症に含まれる障害

アスペルガー症候群とは、広義には自閉症に含まれる障害の事を指します。

 

言語や知的な遅れや障害はなく、特に対人関係コミュニケーションに障害あるいは問題を先天的に抱えている場合を指しています。

 

幼少期には発見する事が中々難しく、成人になって社会人となってから診断される場合もあり、診断が難しい障害のひとつです。

 

大きくは自閉症ですが、自閉症の特徴である対人関係のコミュニケーションが苦手である、パターン化した行動などが主なものです。

 

苦手というだけで目立った症状ではない事が特徴となっています。

 

 

アスペルガー症候群の方の特徴としては、表情や姿勢などが独特であったり友人関係を築くのが苦手、空気が読めない、慣習的なルールが分からない、会話で冗談が通じないなどの特徴があります。

 

狭い意味でアスペルガー症候群の発症率は1/4000人といわれていますが、広義の自閉症を含む、言葉の発達に問題がないなどのアスペルガー症候群の発症率は自閉症よりも多いとされていて幼少期には発見が中々困難であったり、成人してから診断名がつくなどの場合があり、潜在的には数値は正確ではない場合があります。

 

男女比では比較的、男性に多いとされていますが、人間関係などで悩みの多い人は多く存在しますので、一概には言えないのも事実です。

 

特徴的なコミュニケーションを取ったり、ひとりでいる事が多いなどの特徴がありますので総合的な判断が必要です。

 

はっきりとした原因と治療法はなく、教育や指導などにより問題を軽減する方法が汎用的です。

発達障害の総合情報

<スポンサードリンク>

アスペルガー症候群とは自閉症に含まれる障害関連ページ

特定不能の広汎性発達障害とは
特定不能の広汎性発達障害(非定型自閉症)について解説します。
高機能広汎性発達障害とは
発達障害の中でも、高機能広汎性発達障害について解説します。
軽度発達障害とは
発達障害の中でも、軽度発達障害についての情報を掲載しています。
言語発達障害とは
発達障害のなかでも、言語発達障害とは一般的に言葉の発育だけが遅れている状態をさします。
広汎性発達障害とは
発達障害のなかでも広汎性発達障害について解説します。一般的に、生まれつきの脳障害とされています。